あわあわしますがゴシゴシはしません

公開日: 

10代の頃は洗顔にたいしてこだわりもなく一切意識もしていませんでしたが20代後半から30代になった最近とても意識するようになりました。

お肌がパシパシになったり突っ張りが酷くなったりがとても感じるようになってきたからです。

お風呂上りの乾燥時期だけでなく万年なるようになりこれはまずい!と思うようになったのがきっかけです。

肌に合った洗顔せっけんを真剣に選ぶようにもなりました。

高価な物が必ずしも良いとは限りません。

高価な物でもお肌に合わなければパシパシになってしまいますのでいくつも試して選ばれるのが良いのかなと個人的には思います。

私の場合も800円程度の洗顔せっけんが肌に一番しっくりきて合いました。

ですので10個近く試してようやく1つに収まった感じがします。

洗顔をするときはこんなに泡にして良いの??と思うくらいにモリモリの泡を作ります。

塗りたくるのではなくてお肌に優しく押し付けるような感じでお肌に乗せていきます。

乗せたらすぐに洗い流すのではなくて自然に泡が減ってきたな?と感じるようになってから洗い流すようにした方が良いように思います。

その後に洗い流すと汚れが取れたような感じがしてかおがすっきりするのがわかります。

わたしの洗顔方法

私は今年30になります。

洗顔は小さい頃からずっと、夜お風呂に入る時に石鹸で洗うだけです。

大学時代、20歳前後の頃は化粧もしっかりしていたので、クレンジングや洗顔フォーム、化粧水など使っていました。

しかし結婚して子供もできた今は、スピード命です。

日中は化粧もしません。

夜は1人で子供2人お風呂に入れないといけないので自分のケアは最小限です。

なので、今はいかに早く全身洗えるかに気を使っています。

洗髪も同じ石鹸で洗います。

なので上から下まで一気に洗って一気に流すことができます。

私が使っている石鹸は、ねば塾の「白雪の詩」という石鹸です。

洗髪、洗顔にはもちろん、食器洗いにも利用しています。

一つ一つ片手には収まりきらないくらいのサイズで、きめ細かな泡が立ち、洗い上がりはとてもさっぱりします。

それでも乾燥することもなく、とてもお気に入りの石鹸です。

きっかけは義理の母から教えてもらったのですが、洗髪にも使え、体臭にも効くということで主人のためにと思い使い始めました。

使い始めるとシンプルなのに洗い心地がよいその石鹸が大変気に入り、今では大人も子供たちもみんな同じ石鹸を使っています。

ただ、店舗で見かけたことがないのでいつもインターネットで買うことになるのが少し不便ですが、それ以外はとても気に入っている、オススメできる石鹸です。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑